てふてふが往く

ゲーム脳とかその他諸々

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

久々にSTGの販売戦略について考えてみる 

先日バトルガレッガのPS4移植が発表され、豪華特典が付いた限定版も発売決定した。
カルト的人気があるのは分かっていたが、まさか20周年の節目をここまで大々的に祝われる作品とは思ってもみなかった。
私もこの機にガレッガを始めようと思いたち、注文した一人だ。



さて、諸事情でSTGの普及方法の考察から離れていたが、ガレッガ販売からピンときたことがいくつかあったので久々にSTGの販売戦略みたいなのについて話をしたいと思う。



まず、一般へのSTGの普及方法はゴ魔乙が現状の答えだと確信している。

今作のゴ魔乙は萌えキャラを全面に押し出したソシャゲSTGで、システム面も点稼ぎや撃ち込みの快感などアーケードと遜色ない出来栄えである。
有名アニメとのコラボはもちろん、自社の過去作キャラを打ち出すなど新規に対するアーケード作品のアピールも抜かりない。

2周年目で350万ダウンロードを記録、ケイブ祭りも超会議と競合しつつも2万人達成。
更にはCAVE自身の黒字にも直接貢献してるほどである。
最近は形が完全に縦STGでないにしろ、フォロワーと思われるシューティング系ソシャゲも増えてきている。

シルバーガンのメッセージでは、STGはダーウィニズム的に淘汰され、最大公約数に媚びたゲームが蔓延すると行く末を悲観的に唱えられていた。
しかし、STGがソシャゲとして時代に適応する姿こそ本当に時代のダーウィニズムに適ってる姿と言えよう。

しばらくの間、最大公約数のパイはソシャゲ路線に任せられそうだ。
ぶっちゃけ、ゴ魔乙プレイヤー全員がアーケードプレイヤーに転向なくても、STGというジャンルがまだまだ収益を出せるというビジネスモデルを生み出したことが業界全体に意味があるだろう。



一方、これまでのマニアックなアーケードスタイル作品はリピーター客重視の路線に活路を見出しているように見える。
STGは万民受けするジャンルではないが、その分熱狂的マニア=リピーターが多い。
初週売上ウン万本を記録せずとも、リピーターの購買力をターゲットにすれば長期的な利益を見込める。

M2が移植を発表したガレッガとフィーバロンであるが、これらはお世辞にもマニアしか喜ばないであろう作品である。
しかし、ガレッガは実際のSS版の現品に2万~6万円の値が付いていることが需要が大きいことの証拠だろう。

この前のミカド主催のガレッガナイトにてM2堀井社長は「今拍手してくれた人は俺なんだよ要するに。(中略)(「世界中にいる俺を喜ばせる?」という問いに)そう、ガレッガやるって言った瞬間に英語のメールいっぱい来たよ」(動画11:40~)と発言した。
この発言は実に興味深い。言い換えれば「確実に元を取れるだけのリピーター客は存在する」というビジネス的な自信の表れでもあるだろう。

そしてリピーターの購買意欲をさらに湧かせるには付加価値も欠かせない。
近年のSTG移植には単なる移植に留まらない(それでも移植されるだけでもスゴイのだが)、マニア垂涎のコンテンツを引っさげているタイトルがいくつかある。

例えば、『ダライアスバーストCS』はアケ版の完全移植の他に200ステージを超えるCSモード、DLCによるコラボ機体、さらには貴重な資料を閲覧できる「ダライアス・オデッセイ」まで収録されている。
特にDLCは本編と共に黒字を出しているらしく、発売から一年経とうとする今年のTGSにてケイブとライジングとコラボすることが発表された。

Steam版CAVE作品もこれまで初回限定盤でしか手に入らなかったDLCを通常販売している。
これまで初回限定の人以外遊べなかったゲームモードを誰でも堪能できるというのは付加価値に十分値するだろう。

今回のお題であるガレッガPS4版にもランクやボスの体力などマスクデータを視覚化する機能、選り取り見取りなアレンジBGMなど「付加価値」が満載である。
さらに、豪華特典満載の初回限定盤もマニアにとって十二分以上の付加価値であるが、なんと8800円というお値段である。
これまでの中古価格から見れば破格の値段であり、これも(特にガレッガに多い)熱心なファンなら絶対に買うという自信の下に生まれた特典だろう。



以上のように、近年のSTG販売戦略は一般向けのソシャゲ路線とマニア向けのアケスタイル路線に二分できる。
一つの投網で2つのパイを狙うより手分けして狙ったほうが賢いのかもしれない。

2015年に入り、CAVEから出たゴ魔乙はまさかの大ヒットを果たし、盛り上がりに欠けたSTG界隈に大旋風を呼び起こした。
続いてSteamなどの移植に活路を見出したことから過去STG作品の移植ラッシュが始まった。

このまま順調に収益を上げれば、完全新作タイトルラッシュが来る日も遠くないかもしれない。
スポンサーサイト

category: ゲーム

ゲーセンに代わるゲーマーの社交場を考える 

先日、行きつけの某ゲーセンが潰れたという誤報ツイートが新潟アーケーダーをちょっぴり騒がせた。
誤報だったから良かったとは思ったが、同時に

「もし本当にあそこが潰れたら新潟市内のゲーセンゲーマーはどこに行けばいいんだ?」という疑問が頭をよぎった。

某笹口店が無くなったらあとはカ○コサーカスしか無いだろう。しかしあそこは去年度から急速にビデオゲームの撤去が進み、唯一のビデオゲームとなったNESiCA台やALLNet台も今や風前の灯火だろう。



長い前置きはともかく、ゲームセンターは長らく唯一のゲーマー社交場だった。
しかし、現在では家庭用ゲーム機の発達やスマホゲームの台頭で多くのゲームセンターが店を閉じている。

最近はSNSの発達で気軽に見知らぬアーケードの同志とネット上で語らうことができるようになったが、それでも面と向かい合ってリアルに対話することには叶わない(人によるが)。

リアルの社交場の消滅は特に対人メインの格闘ゲーマーにとってゲーム的にも致命的では無いだろうか。

ゲームセンターが無くなるのは非常に憂うべきであるが、僕としてはゲームセンターの業態の本質はインベーダーの頃から変わってない、非常に保守的なスタイルだと考えている。

STGはそこそこのファンでも一プレイ100円で20分前後も居座られてしまう。
格闘ゲームは逆に一試合100円も掛かる。家庭移植版に置き換えれば一瞬で元が取れる値段である。

こんな現状じゃあ流石に大手のゲーセンはビデオゲームを手放してボカロ東方が入った音ゲーやクレーンゲームに頼るわけである。



ではゲーセンに代わるゲーマーの社交場って何ぞやという話であるが、僕はゲーマーカフェを提案する。今回の話は格闘ゲームに限った話であるが、STGなどのジャンルもいずれ盛り込んで話したい。

ゲーマーカフェとは家庭用作品を基本無料でプレイできるが代わりにあくまで「モラル」として店の食べ物を一つ以上頼むというシステムである。

ゲーマーにとって無制限に対戦できてなおかつ格ゲー仲間とだらだらと語り合えるというアットホームな場を提供する。

店側にとっても家庭用ゲーム機はアーケード筐体よりも消費電力が少ないので負担が少ない。

また、現状の風営法では家庭用のゲーム機は対象外だった筈である。もし「ゲームから利潤が発生している」と突っ込まれても「あくまで食事メインで、ゲームはおまけ」という言い訳が効く。
さらに業態は飲食店ということなので欲張ってアーケード筐体を置くにしても「筐体が店舗面積の10%未満」という条件さえ満たせば警察の許可もいらない。



以上、ゲーマーカフェ構想は今回僕が思いついた案だ。
ゲームセンター消滅の危機ではあるが、新たなスタイルのゲーマー社交場のアイデアをほかの人ともどんどん協議して共有していきたい所存である。

category: ゲーム

今年のSTG活動まとめ 

今年も残すところ1ヶ月もありません。というわけで今年のSTG活動を簡単におさらいしたいと思います。
今年は一人暮らし開始ということで自由度がかなり上がりました。その為、ゲームに費やす時間を増やしたりアーケードの遠征に行ったりすることが容易になりました。
しかし一人暮らし初期に虫ふたオリジナルを攻略してやる!と意気込んだものの初期設定でなかなかクリアできず。今日まで続く強敵です(^_^)

☆今年のSTG作品クリア歴☆
~7月末
・東方紅魔郷、風神録、神霊廟N
・虫姫さまふたりオリジナル(五機設定)

~12月14日
・怒首領蜂大復活(表2周目突入)
・怒首領蜂最大往生ノービス
・東方妖々夢H
・雷電Ⅳライト、オリジナル一周
・虫姫さまオリジナル
・超連射68k一周


プレイしていて思うのが、去年に比べて圧倒的に力が付いたな~ってことですね。でもまだルナシューターには及びませんし、大往生やケツイあたりにはまだ憧れの念があることからまだまだ修行が必要だな、と思います。
また、アーケードでは初めてコミュニティの形成ということを知りました。どなたも僕の実力が及ばないほどの実力者でしたし、生プレイや興味深い話題で刺激を大いに受けました。
しかしチャンス笹口の方たちとあまり連絡がほとんど無いというのがすごくネックですし、同世代のシューター仲間ができないというのも少し寂しいです。


今後も自分自身のレベルアップと周辺のシューターの輪を広げていきたいと思います。

category: ゲーム

個人的ni今年気になったSTGのニュースランキング in 2015 

今年も残すところ一ヶ月足らず。STG不作が叫ばれる近年でも今年は結構STG関連のニュースを聞いた気がします。
独断と偏見が入っているので漏らしたニュースがあってもあしからず。


第一位:ダライアスバーストクロニクルセイバー発売決定


PSP『ダライアスバースト』が『ダライアスバーストアナザークロニクル』として専用筐体を引っさげてのアーケード逆移植からはや5年、ようやくあの興奮が家庭でもプレイできるようになりました。機種はPS4、PSvita、PC(Steam)。海外では既に発売開始しています。
アーケードでやり込みきれないほどのボリュームを誇るクロニクルモードの搭載はもちろんのこと、字幕演出が斬新な新モードのCSモードも期待大です。

驚くことに制作側は始めから移植する気満々だった模様。スクエニの子会社化してから家庭用作品をなかなかリリースできなかったらしいです。でもって販売がキャラアニ・角川ゲームス。スクエニェ…。果たしてグルコスユーザーをどのくらい誘導できるのでしょうか。

さらに過去作(特に初代)もアーケードアーカイブスで完全移植されるようなのでファンとしては見逃せませんね。
オンラインに対応してないのはおそらくエンジンの問題でしょうか?とりあえずシェアプレイに対応していたらそちらの方で擬似オンラインプレイしてみようと思います。

ところで、PSPソフトのオンライン販売は来年3月いっぱいとのことです。(筆者含む)PSP版をまだ持っていない方は急いで買った方がいいかもしれませんね。


第二位:ゴシックは魔法乙女サービス開始


シューターなら言わずもがな、非シューターの方にも鬼畜弾幕で知られるケイブがスマホ向けのソシャゲSTGの新作をリリース。
前作『ドンパッチン』の反省がかなり踏まえられており、キャラクターは誰得なポンコツロボットから萌え萌えな女の子に変更、STGパートも全画面移動にしたり所謂スキルをボムに回したりしています。また、これまでのファンをおざなりにしない小ネタやサービスも盛り沢山。え?ソシャ姫さま?知らない子ですねぇ…。
ダウンロード数もリセマラ含めて100万回突破したり、人気は予想以上のものです。自分もドンパッチンの頃より圧倒的にやり込んでいます(というかドンパッチンは序盤でほぼストップ)。
12月26日追記:200万DL突破したようです。すげえ…

大佐ガチャの時は誰もが度肝を抜かれた。僕は溜めていた石を全て放出。ええ、エレメントドーターも出てこないボロ負けでしたよ。そして大佐とラブマする皆さん、お疲れ様です。

それにしてもケイブ、ゴ魔乙以降Twitterがユーザーフレンドリーになったり虫姫さま無料放出をしたりとノリノリである。ケイブの全人類シューターか計画は始まってる…!?いずれにせよ、一番思い入れのあるメーカーが息を吹き返してくれたことは嬉しいです。


その他:過去のSTG作品、続々Steam移植

去年の初頭に『斑鳩』がSteam移植されたことで、その後のSTG作品のSteam移植の道が開けた昨今。
今年は『ストラニア』、『エスカトス』、『虫姫さま』など主に箱○でリリースされていた作品が多かった印象で、レパートリーも揃ってきましたね。
お値段はどれも2000円以内とかなりお得(東方原作と同じくらい!)。
「STG好きだけど箱○がない…」そんなあなたにオススメできるのがこのSteam移植。今後リリースされる作品にも要注目です。


今年は振り返ってみると単純な移植作品も含めて新作リリースがかなり多かった気がします。特にゴ魔乙とダラバーCSは完全新作ということでこれからのSTG界でどういう役割を果たすか期待できますね。

category: ゲーム

長岡テクノポリスに行った所感 

もうじき雪が降る予感がしていたので前々から気になっていた長岡のテクノポリスに行ってきました。

http://am-factory.jp/tecnopolis/

いやー、道中で長岡駅で乗り換えるとは思わなかった(笑)。

ただ、店の雰囲気は大変気に入ったのですがバスと電車で往復3000円ほど掛かりますし、残念ながら頻繁に行くには辛いカモ。東京に遠征するよりまだマシかもしれないけど(でも実はバスで往復10000円だったりするのはヒミツ)。


僕は時々新潟駅南口方面にあるチャンス笹口に行くのですが、テクポリと比べてみると物量はチャン笹の方が多い印象でしたが、テクノポリスの方がユーザーフレンドリー度が高い気がしました。サイン色紙やSTGのリプレイDVD再生、スコア申請用紙など細かい部分からアットホームな感じが伝わりました。あと何気にシャレオツなお酒飲む方のバーがあったり。

チャンス笹口さんはSNSなどの広報をやっていただくだけでも印象が変わると思うんですよね…。


今回は遠征のついでにフォロワーのジョーカーさんとも初めて合流しましたが、他のシューターの方々にも出会いました。皆さん修羅レベルの腕前でした。話が興味深かったので会話に夢中になり、筐体には500円も金を落とさなかった気がします。

ジョーカーさんとのDBAC表捕鯨の協力プレイでは手取り足取りアドバイスを貰うことができ、STGながら本当に協力しながらプレイしている感じでした。僕は2ボスで死にましたが。

しかしテクポリはホントSTGの修羅の国です。ドゥームや陽蜂倒す人が普通にいますもん。しかも風の噂どおり新潟は意外と全一クラスのシューターがいるそうです(ジョーカーさんもDBACのセカンド使い全一級とのことです)。新潟コシヒカリの美味さとの因果関係や如何に。
※ダラバーに関してはトップクラスの捕鯨漁師も結構いるようです。新潟県民はゲームでも鯨汁食べたいのか…!?


今回、ゲーム自体はあまりやりませんでしたが勉強になることがたくさんありました。何より新潟シューターコミュとコネを持てたというのは大変素晴らしいと感じております。今回学んだことを様々なことに活かせていければ幸いだと思っております。

テクノポリスさん、ジョーカーさん、並びにそのシューター仲間の方々には大変な感謝の意をここに申し上げます。ありがとうございました。

category: ゲーム

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。