てふてふが往く

ゲーム脳とかその他諸々

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

STGのお話(アンダーディフィートHD) 

自分が最近ハマっているSTGでアンダーディフィート(以下アンデフ)というゲームがある。
製作はメインテーマだけが一人歩きしてしまった「まもるくんは呪われてしまった!」で有名なグレフ(もっと酷いSTG関連の一人歩きと言ったら最終鬼畜とか言葉は知られているのに誰も怒首領蜂に見向きもしないけど)。
前日に帰国記念に大金はたいて買ったCAVEシューコレと箱○がおざなりになっている最大の原因の一つ。

内容は至って普通のシューティングだけどその魅力はなんと言ってもド迫力のリアルな戦場を再現しているところ。動画を見て貰えばその雰囲気は分かるかと。(撃ち込む度に敵がガタフチ揺れる演出もキモチイイ!)

http://youtu.be/rORTOq2eM9I

今流行のミリタリー系FPSが好きな人もやってみてはいかが?
また、HD版は通常の縦画面風アーケードに加えて画面いっぱいにゲームが出来るように調整されたニューオーダーモードが収録されてる。縦スクリーンを持っていない人も嬉しい!



本作攻略の最大のカギとなるのがオプションのシステム。このゲームのオプションはお手伝いさんのようなものだが、そのオプションを何の武器でいつ出して如何に共同作業出来るかが重要となる。

オプションの武器はアイテムキャリア(こいつも中々の強敵!)から出るアイテムを取れば変更できる。
連射とリロードが短く小回りの利くバルカン、砲弾をキビキビとした機動でバカスカ撃ってくれるキャノン、そして一撃必殺漢のロマンのロケットがある。

しばしば「○○一択」とか「××は地雷」という論争が起きるがどれもハズレということは無く、場面に合わせて適切に選んでやれば最大限のポテンシャルを発揮する。
しかし初心者はキャノンを選んで硬い敵の出現ポイントでオプションを射出してやれば無難だろう。そしてオプションが小さいザコに誘導しないようにメインショットで先にザコを始末してやるのがおすすめ。


ゲーセン版稼働当時は殆ど目立たなかったという本作。しかしその中身は素晴らしく洗練された傑作。箱○、PS3にて約2000円でDL版があるので気軽にプレイして貰いたい逸品デス。
スポンサーサイト

category: ゲーム

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。