てふてふが往く

ゲーム脳とかその他諸々

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

STGと格ゲーのあれこれを比較してみる 

最近、STG復活やその手のおセンチに浸るなどのことに消極的だったりします。

理由としては


・近年「ゴ魔乙」を始めとした企業努力が積極的に行われている
・色んなメディアに触れて意外とSTGの知名度があったということを実感してきた
・プライベートでいろいろあって自己完結すればいいと思ってきた


ということです。


それに代わってギルティギアXrdにゾッコンな筆者ですが、格ゲーというやや違う分野に触れてみて改めてSTGの魅力が分かってきたので適当に纏めようと思います。



格ゲーの特徴

・対人戦という不確定要素

これが最大の面白みであり難しいところ。自分の相手が人である限り、パターンというものはあまり介在しない。

もちろん、シチュエーションごとの対処法という意味でパターンと呼べるものはあるが、やはり100%の正解は存在しない。

また、運が悪いときはどんなにベストを尽くそうが負け越しが続くときもある。

対人戦という不確定要素は実力と運が介在し、自分でゲームを制御するのは難しい。

しかし、格ゲーに限らず対人系は毎回ランダムなゲーム性を楽しめるということが最大の強みでは無いだろうか。


・格ゲーの敷居が高い要因

初心者狩りは格ゲー人口の落ち着きやマナー呼びかけなどで近年は減ってきているっぽいので心配は薄い。

とはいえ経験差が全てのゲームなので、まずは対人の経験を積まなくてはならない。
しかし、格ゲー界隈は比較的熟成されたコミュニティなので、同程度の相手を探すのにそこそこ苦労する。

また、対人戦故に過疎な時は相手がいないのでソロプレイ目当ての人以外はそもそも始まらない。

幸い、ゲーム自体がインフレの要因になることが少ないのが救いか。



STGの特徴

・パターン構築によるゲーム制御

一方で、STGの特徴を上げるとすればこれが大きな差だろう。

パターン構築というと一見暗記という苦行に思えるかも知れないが、実はゲームをある程度制御出来るという裏返しである。

もちろん、ばらまき弾など例外もあるが、格ゲーとは対極に大抵は極めれば100%の正解がいくつか見つかるゲームなのだ。

そのパターンも中型以上の敵配置を大ざっぱに覚えればだいたい何とかなる。

サクッとゲームして気持ちよくなりたい時であればSTGはある程度言うことを聞くので非常に爽快だろう。

しかし、STGのパターン性は毎度同じ風景・展開ばかり見ることになるのである意味格ゲーより飽きやすいかも知れない。


・STGの敷居が高い要因

ぶっちゃけ動かして撃つというシンプルなシステムなので操作に手惑うことは少ないが、それ故か難易度が青天井にインフレを起こしている。

特にグラディウスⅢあたりの時期は当時の話を聞くと酷かったらしいし、今でもインカムの為にその流れをやや引きずっている部分が見える。

パターンでゲームを思い通りに動かせるのが面白いはずなのに、これでは本末転倒である。



STGと格ゲーの共通点


・練習第一。

これが一番の共通点だろう。

ビデオゲームは近年多様化してきて、ゲームに対する捉え方は人それぞれである。
その中でSTGや格ゲーは上達するという喜びを味わえるというのが最大の特徴だと考えている。

しかし、すんなり上達しにくい敷居の高さが邪魔している部分がある。
その障壁を取り除くことが新規取り込みの鍵になるだろう。

例えば、格ゲーはボタン連打で繋がるコンボの搭載や昇竜コマンドの廃止、細かいシチュエーション練習モードなどを売りにしている作品が増えている。

中にはADV張りのボリュームを誇るストーリーモードを売りにしている作品もあるので、それ目当てに買う客も確保できている。

新規取り込みが遅れていたSTGもついここ一年でようやく動き出した。
持ち前のテンポとソシャゲの手軽さを活かしたタイトルが出始めている。

また、過去アーケード作の低価格なSteam移植も活発で、インディーゲーのような中小ボリュームを好むSteamerとも合致していると言われている。


・ビジュアルがカッコいいと続く。

かなり重要。システムも確かに大切だが、絵面や音楽がカッコよければそれだけでモチベーションがウンと上がる。

自分の場合、STGはケツイ、格ゲーはGGとお世辞にも初心者に優しくないタイトルから入っていった。
どちらも難易度は高いが、それぞれチップのジャラジャラ感とロックでメタルな世界観にのめり込めたお陰で続いている。

「初心者にお勧めなタイトル」となどと題打つ記事はよく見かけるが、自分がビビッときたカッコいい、カワイイタイトルを選ぶのが一番のオススメだと思ってる。

何より好きで選んだタイトルを制したときの達成感はとても大きく、前座のつもりでやる「初心者向けタイトル」とは全く違う。



まあ最後はあまり一つのジャンルに固執しないで無理なくいろいろ手を付けてみる。
そうすれば新たな魅力が見つかるかもしれません。
スポンサーサイト

category: STG研究(仮)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。