てふてふが往く

ゲーム脳とかその他諸々

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

新潟の古町にレトロゲーセンあったら面白いとかそんな話 

新潟市の古町。新潟駅を降りて万代口に出て、そのまま直進して萬代橋を渡れば辿り着く古き良き静かな町並み。
……なのですが、夏休み暮れの九月末に一人で散策したら見るものが何も無い。アパレルに興味の無いキモオタの筆者には何も魅力が無い…!ゲセンもおもちゃ屋もない!

地域住民の方には大変申し訳ないですが、平日のケの日の古町は魅力に乏しく、静かというよりは閑散としていると言った方が正しい雰囲気でした。


一ヶ月以上前ですかね、この前古町で開催されたがたふぇす(新潟市主催のアニメ・マンガの祭り)に行って参りました。すごく面白かったですよ。物量も人混みもそこそこで、マイペースにアニオタ成分補給できましたよ。 お役所仕事なのによくここまで頑張ったとも思いましたし。

ただ、それはオタク向けのハレの日のこと。ケの日は全くと言っていいほど古町はアミューズメント性に欠けているのです。


そう思っていたらある日、ZUNTATAの石川さんのこのツイートからふと思い付いたのです。



ゲーセンを使った町興し…そういうのもあったか…!

長岡の青少年文化センターにはタイトーのランディングシリーズの一作や電車でGO!シリーズがフリープレイで置いてあるようで、ZUNTATA関係者の石川さんはそのことに好評の意を示されていました。世にも珍しいいわば市営ゲーセンとも言える施設とのことです。
実は以前テクポリでお会いしたSTG長岡勢の方々もご存知無かった穴場のようです。機会があったら是非寄ってみたいと思います。全国のタイトーファンの方もこの機会に如何でしょうか。


ところで、地域おこしにおいてゲーセンを作るという手段はwikipediaには次のように書いております。

”「パチンコ店やゲームセンターなどの娯楽施設を作れば若者が集まる」×(反面、治安が悪化し、それを嫌悪する人々が逃げ出し、人口流出が加速する場合も。治安面に配慮し出店に否定的な自治体も少なくない)。”
(出典:wikipedia『地域おこし』。脚注:『ニッポンの地域力』 藻谷浩介 日本経済新聞出版 2007年9月)


要するに、アーケード施設を(若者の誘致目当てで)地域おこしに利用することはご法度と言うわけですね。

ところが、前述のようにゲーム制作関係者の方が地方の市営施設のゲームコーナーを賞賛してくださっている例もあります。
つまり、地域おこしの一環にゲームセンターを作るにしても作り方によってはゲーム制作関係者の方々をも唸らせる上質なアミューズメント施設に昇華できる可能性を秘めているということです。


では、古町に向いたゲームセンターのスタイルとはどういったものなのか。
そこで思い付いた案として、現地に比較的多い年配層向けのレトロゲーセンカフェを作ったらどうかということです。レトロゲームならば現役タイトルより幾分か静かだと思うので奥ゆかしい古町の景観も壊さないで済むという思惑もあります。

さらに、レトロゲーセン「カフェ」ということで、ゲーム以外にも料理にも力を入れる。そうすればマニアなゲーム層以外にもグルメ路線の客層も取り込めるのでは無いかと考えております。そこからどんどん古町にも遊べる施設ができたらいいなぁ。

最終的には全国のレトロゲーファンの方々は勿論、様々な方から隠れた名所として愛されればいいんじゃないかと想っています。


そんなこんなで今回は妄想だけのオチ無しの記事となりました。でもSTG研究と第一志望の地域興しを融合する手がかりになったから良しとするか(笑)。
ただ当方、如何せん平成のゆとり世代なのでインベーダー時代のアーケードの雰囲気を物理的に触れることは不可能ですので、様々な資料から勉強できればいいと思っています。
少し関係ないけど、市役所とかは新潟をアニメ・漫画の街にしたければもっとボトムアップなまちづくりにするべきだと思うんだよなぁ…。


ご精読、ありがとうございました。
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tefmerin.blog.fc2.com/tb.php/15-1e929635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。