てふてふが往く

ゲーム脳とかその他諸々

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

【番外編】本当に初心者向けのSTGについて考えてみる 

「初心者向けのSTG」と題してSTGを布教しようという動きがシューター界だいぶ前からある。
しかし、現実は自分からSTG入門しようという人はそれほどおらず、良くても東方止まりな人が大半だろう(そもそも商業シューターに目覚めたら自分から勝手に開拓するだろうし)。
そこで思ったのが、シューターが言う「初心者向けSTG」とは「STGに興味がなかった人にやってもらいたい作品」のことではないかということだ。
ここまで初心者向けSTGを宣伝しているのにSTGに興味を持つ人が増えないのは難易度よりもSTG自体のファースト・インプレッションが発信できていないからだと考えている。

というわけで、今回は私なりに今までSTGにあまり興味がなかった(東方オンリー含む)人向けにファースト・インプレッションが強い、多人数プレイに向いていると思われる作品を2つほどチョイスしてみた。


一:ダライアスバーストアナザークロニクルEX(AC/PC/PS4)



STGで非シューターの人に勧めるとしたら私は真っ先にこの作品を推薦する。
最初に目に映るのは一際目立つその巨大な専用筐体。音ゲーやレースゲーなどの専用筐体が羅列するゲームセンターでも存在感を発揮している。椅子に座れば薄暗い空間が広がり、さながら宇宙空間に入り込んだ気分になれる。そしてコインを入れればボディソニックで身体の芯まで震えるコイン投入音がプレイヤーを迎える。ファースト・インプレッションはこれで十分だ。

肝心のゲーム本編だが、やはりADHルート、通称・光導ルートは欠かせない。一番簡単なこのルートでは全編通して『組曲・光導』が流れる。ダライアスの真骨頂たる音楽と演出の融合を簡単に体感することができる。

しかし、このゲームの欠点を上げるとすればバースト機体の扱い方、特に設置バーストの使い方は慣れないと少し難しいところだろう。もしどうしてもバーストに慣れなければ射程が長くボムも使える外伝ホークに乗るといいだろう。

また、料金設定だが、4人プレイできるこの作品はなんと人数に関わらず1プレイ100円ポッキリである(ただし、残機は少し減る)。友達とゲーセンに行ったら是非とも熱い協力プレイをして頂きたい。

近日発売されるクロニクルセイバーは未プレイなので発売され次第追ってレビューしようと思うが、こちらはRPGのような長期的プレイが見込めるので期待値は高い。


二:シューティング技能検定(AC/Xbox360/PC)



この作品はゲーセンで出回っているものは2種類あり、一つは『シューティングラブ。2007』に収録されているもの、もう一つはAll.Net筐体に入っている『ゲーセンラブ。withペンゴ!』に収録されているものである。後者の方がおそらく見かけやすいだろう。
名前の通り、シューティングにまつわるいくつかのミニゲームをプレイし、その総合結果からゲーマー年齢なるものを測定するものである。

この作品を推薦する理由は何と言っても上手い下手に関わらず必ず10分前後プレイさせてくれるところである。おおよそ音ゲーのワンプレイに相当する時間である。
ミニゲームは実に小気味よく進み、太字の明朝体で淡々と表示されるテロップも妙にシュールな台詞が多く、クスリと笑わせてくれる。また、ゲーム内に出てくるキャラクターなどには元ネタがあり、STGに詳しい方ならニヤリとできるだろう。

さらに対戦であるが、これが実にアツい。
このゲームの対戦の勝敗を握るのはSTGの技術よりも勝負強さなのである。例え火蜂プレイヤーであろうと東方イージープレイヤーに負けるということがあってもおかしくない。
相手の機体にタックルすると弾き飛ばせる、後ろに回りこまれて自機を撃たれると一定時間動けなくなるといったギミックがデッドヒートに拍車を掛ける。
友達とゲーセンに行ったら是非対戦で盛り上がっていただきたい一品である(かく言う筆者は一度も対戦したことがない。哀れ)。



以上、僅かであるが私なりに本当の意味で初心者に勧められるSTGタイトルを紹介してみた。
有料タイトルだけになってしまったのはSTGが初めての人に与えるファースト・インプレッションが強いと思う作品を重視したためである。
もし無料作品を押すとしたらジェネトスや超連射68kだろうか。しかし、超連射68kはアーケード作品と同列で語られるクオリティでありながら難易度までアーケードと同列なので初心者に完璧に勧めるには難しいところ(私は大がつくほど好きだが)。


ご精読、ありがとうございました。
スポンサーサイト

category: STG研究(仮)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tefmerin.blog.fc2.com/tb.php/21-f66d06f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。