てふてふが往く

ゲーム脳とかその他諸々

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ゲーセンに代わるゲーマーの社交場を考える 

先日、行きつけの某ゲーセンが潰れたという誤報ツイートが新潟アーケーダーをちょっぴり騒がせた。
誤報だったから良かったとは思ったが、同時に

「もし本当にあそこが潰れたら新潟市内のゲーセンゲーマーはどこに行けばいいんだ?」という疑問が頭をよぎった。

某笹口店が無くなったらあとはカ○コサーカスしか無いだろう。しかしあそこは去年度から急速にビデオゲームの撤去が進み、唯一のビデオゲームとなったNESiCA台やALLNet台も今や風前の灯火だろう。



長い前置きはともかく、ゲームセンターは長らく唯一のゲーマー社交場だった。
しかし、現在では家庭用ゲーム機の発達やスマホゲームの台頭で多くのゲームセンターが店を閉じている。

最近はSNSの発達で気軽に見知らぬアーケードの同志とネット上で語らうことができるようになったが、それでも面と向かい合ってリアルに対話することには叶わない(人によるが)。

リアルの社交場の消滅は特に対人メインの格闘ゲーマーにとってゲーム的にも致命的では無いだろうか。

ゲームセンターが無くなるのは非常に憂うべきであるが、僕としてはゲームセンターの業態の本質はインベーダーの頃から変わってない、非常に保守的なスタイルだと考えている。

STGはそこそこのファンでも一プレイ100円で20分前後も居座られてしまう。
格闘ゲームは逆に一試合100円も掛かる。家庭移植版に置き換えれば一瞬で元が取れる値段である。

こんな現状じゃあ流石に大手のゲーセンはビデオゲームを手放してボカロ東方が入った音ゲーやクレーンゲームに頼るわけである。



ではゲーセンに代わるゲーマーの社交場って何ぞやという話であるが、僕はゲーマーカフェを提案する。今回の話は格闘ゲームに限った話であるが、STGなどのジャンルもいずれ盛り込んで話したい。

ゲーマーカフェとは家庭用作品を基本無料でプレイできるが代わりにあくまで「モラル」として店の食べ物を一つ以上頼むというシステムである。

ゲーマーにとって無制限に対戦できてなおかつ格ゲー仲間とだらだらと語り合えるというアットホームな場を提供する。

店側にとっても家庭用ゲーム機はアーケード筐体よりも消費電力が少ないので負担が少ない。

また、現状の風営法では家庭用のゲーム機は対象外だった筈である。もし「ゲームから利潤が発生している」と突っ込まれても「あくまで食事メインで、ゲームはおまけ」という言い訳が効く。
さらに業態は飲食店ということなので欲張ってアーケード筐体を置くにしても「筐体が店舗面積の10%未満」という条件さえ満たせば警察の許可もいらない。



以上、ゲーマーカフェ構想は今回僕が思いついた案だ。
ゲームセンター消滅の危機ではあるが、新たなスタイルのゲーマー社交場のアイデアをほかの人ともどんどん協議して共有していきたい所存である。
スポンサーサイト

category: ゲーム

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tefmerin.blog.fc2.com/tb.php/27-73a1027f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。