てふてふが往く

ゲーム脳とかその他諸々

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

「いいぞ。」系映画の定番上映化ってのはどうよ 

去年から今年にかけて、ツイッターなどネット界隈をバズらせまくった映画が3つほど出た。『マッドマックス』『ガルパン』『シン・ゴジラ』である。
これらの映画は後に(ガルパンの映画から)「〇〇はいいぞ。」と呼ばれるようになった。今回はこの3つのような映画を「いいぞ系映画」と呼称させていただく。



さて、このいいぞ系映画であるが、昨今の映画館低迷の救世主だと私は思っている。
いかんせんこういう映画は映画館ならではの迫力で見なきゃ損だからである。

とはいえ、映画というのはこれまでの常識なら劇場公開はその時限り、見逃したり生まれる時を間違えれば永遠に劇場で見れないのだ。例えそれが人類史に残る最高傑作でも、だ。
だが近年の映画館の状況はどうだろう。映画が登場してから100年経った今、ビデオという素晴らしい文明の利器がある。そして人々は「レンタルになったら見るか」と言う。

しかし、上記の3つの映画を見た方ならご存知だと思うが、ガルパンやシンゴジの迫力は映画館じゃなきゃダメなのだ。例え家庭用プロジェクターや音響を取り揃えても映画館という特殊な空間には敵わないのだ。
このように昨今のいいぞ系映画は人々に映画館で見るという素晴らしさの再発見のキッカケになったのだ。



そしてもう一つ語らねばならないキーワードが4DXである。4DXはヤバイ。いざ体験してみれば没入感が半端ないのだ。戦車の軋む様子がそのままケツに伝わり、マシンガンで撃たれれば耳元が空気の機銃掃射を食らう。
4DXは文字通りアトラクションなのだ。そう、ディズニーランドにも数年前にあった空気が出たりするシアターアトラクションと全く一緒の構造だ。



現在の映画館がビデオという便利な代物に勝つ最大の武器がアトラクション性だ。これらの映画は固定客の確保が見込める手堅いジャンルなのだ。
もし定期的に良いぞ系映画が定番上映できれば安定した収益が取れるだろう。
4DX上映は家庭では絶対味わえない装置だが、お値段が少々張る。お金に困る学生のためにも通常版の上映もする方が良いのでは無いだろうか。



こういうこと書いてますが、そもそも僕が何度も繰り返し見たいだけなんですけどね笑
どうか同じことを妄想している素敵な方にこの記事を読んでいただければ幸いです。
スポンサーサイト

category: 雑記

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tefmerin.blog.fc2.com/tb.php/32-85348c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。