てふてふが往く

ゲーム脳とかその他諸々

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

淫夢は本当に同性愛差別なのか 

新年早々濃いネタ記事。2015年版ガキ使の深夜コーナー見てふと思い付いたから書いてみた。

実は2ch黎明期から由緒ある『真夏の夜の淫夢』シリーズ。ネット民からすれば非常にくだらないクッソどうでもいいネタかもしれないが、一部の同性愛差別反対者から懸念の声が上がっている。
しかし、淫夢は本当に全くの同性愛差別コンテンツなのだろうか?国際系の学科に所属しているし、せっかくだから検証しようと思う。
なお、自分は性的マイノリティ差別を一切する気は無いことを断っておきたい。どうでもいいが自分がヘテロ(ノンケ)なのも単に男の顔が恋愛対象としてはむさ苦しいからだ。

※ホモとゲイの使い分け…ここではニコニコ等でネタとして扱われるコンテンツやその消費者をホモ、実際の同性愛者をゲイと呼称する。



ぶっちゃけこの動画に言いたいことがだいたい書いてあるのだが、一応動画の主張をまとめてみる。
・野獣先輩はモノホンのゲイからも賛否両論(動画内では気持ち悪がられていると表記)
・閉廷おじさんのようなヘテロ(ノンケ)男優、ピンキーのような女性も淫夢キャラとして認知されている

というものであるが、もう少し主張を付加たり掘り下げたりしようと思う。


その1:ゲイプレイだけが笑いものにされているのか

淫夢はゲイプレイそのものより濡れ場シーンを重視する故のチープな三文芝居、そしてそれが生み出す珍妙な雰囲気や独特な台詞回しがネタにされている。『ヒゲクマ調教師』のワンシーンはもはや漫才そのものである。

また、野獣先輩や関西クレーマーはモノホンのゲイビデオ愛好家からも賛否の声が上がる存在である。

少し話がずれるが、2015年版ガキ使でも老婆とのキスや「くすぐり合い」と称して中年の男性芸人がいやらしい手つきで触り合う(挙げ句に乳首責めする)シーンが笑いの種として放送された。
ゲイコンテンツなどで笑うという行為はその延長線上にあるものだと考えている。


その2:ゲイポルノの加工に肯定的な人もいる

淫夢ジャンルでは無いが、他のホモジャンルでは関係者がMAD加工などに賛同の意を示す人もいる。

まず、代表的なのはなんと言ってもビリー・ヘリントンだろう。彼は出演作のゲイポルノのMAD作品群に関して賞賛の声を上げている。
その情熱は実際にニコニコのイベントに何度かお呼ばれされるレベルである(なお所謂ホモコースト以降全くニコニコに顔を出さなくなったが、中国のオタク系イベントには顔を出しているようだ)。

他にも同じくレスリングシリーズのVAN様や「くそみそ」などの掲載雑誌「薔薇族」の編集長・ 伊藤文學も彼らの関連作のMAD群に対して肯定的な姿勢を示している。

このように、同性愛コンテンツの関係者の中にはMADに対して同性愛差別と見なさず賛同の姿勢を示す者もいる。
ただし、当の淫夢でAOK役を演じた人は弄られることそのものに嫌悪感を示していたこともここに記さねばならない。



その3:泣けるゲイビデオは相応の評価がなされている

ゲイビデオ、ゲイポルノの中にはドラマ性を重視したものがある。その代表作が『さよならが言えない』である。



この作品はゲイビデオのレーベルとして出ているが、ぶっちゃけある種のインディーズムービーである。
本作では同性愛者の出会いと別れ、そして葛藤が丁寧に描かれた作品であり、とても野獣先輩のように茶化せられる場面が殆ど無い。
実際、様々なゲイビデオをネタにしてきた淫夢厨であるが、この作品に対して純粋な賞賛のコメントが多い。



以上、淫夢などのコンテンツそのものがゲイ差別をするためのものでは無いという言い訳みたいなのをしてみた。

確かに中には淫夢などをダシに同性愛差別をする人もいるかもしれないが、差別が淫夢ジャンルのメインストリームじゃないとこれらの検証から推測できる。
もちろん、野獣先輩など明らかにその人自体を侮蔑しているコメントがあるのは明白な事実なのだが、それは同姓愛差別とは別件だということを頭に入れて頂きたい(もちろん、本人が抗議したら大問題だが)。

category: 雑記

新潟の古町にレトロゲーセンあったら面白いとかそんな話 

新潟市の古町。新潟駅を降りて万代口に出て、そのまま直進して萬代橋を渡れば辿り着く古き良き静かな町並み。
……なのですが、夏休み暮れの九月末に一人で散策したら見るものが何も無い。アパレルに興味の無いキモオタの筆者には何も魅力が無い…!ゲセンもおもちゃ屋もない!

地域住民の方には大変申し訳ないですが、平日のケの日の古町は魅力に乏しく、静かというよりは閑散としていると言った方が正しい雰囲気でした。


一ヶ月以上前ですかね、この前古町で開催されたがたふぇす(新潟市主催のアニメ・マンガの祭り)に行って参りました。すごく面白かったですよ。物量も人混みもそこそこで、マイペースにアニオタ成分補給できましたよ。 お役所仕事なのによくここまで頑張ったとも思いましたし。

ただ、それはオタク向けのハレの日のこと。ケの日は全くと言っていいほど古町はアミューズメント性に欠けているのです。


そう思っていたらある日、ZUNTATAの石川さんのこのツイートからふと思い付いたのです。



ゲーセンを使った町興し…そういうのもあったか…!

長岡の青少年文化センターにはタイトーのランディングシリーズの一作や電車でGO!シリーズがフリープレイで置いてあるようで、ZUNTATA関係者の石川さんはそのことに好評の意を示されていました。世にも珍しいいわば市営ゲーセンとも言える施設とのことです。
実は以前テクポリでお会いしたSTG長岡勢の方々もご存知無かった穴場のようです。機会があったら是非寄ってみたいと思います。全国のタイトーファンの方もこの機会に如何でしょうか。


ところで、地域おこしにおいてゲーセンを作るという手段はwikipediaには次のように書いております。

”「パチンコ店やゲームセンターなどの娯楽施設を作れば若者が集まる」×(反面、治安が悪化し、それを嫌悪する人々が逃げ出し、人口流出が加速する場合も。治安面に配慮し出店に否定的な自治体も少なくない)。”
(出典:wikipedia『地域おこし』。脚注:『ニッポンの地域力』 藻谷浩介 日本経済新聞出版 2007年9月)


要するに、アーケード施設を(若者の誘致目当てで)地域おこしに利用することはご法度と言うわけですね。

ところが、前述のようにゲーム制作関係者の方が地方の市営施設のゲームコーナーを賞賛してくださっている例もあります。
つまり、地域おこしの一環にゲームセンターを作るにしても作り方によってはゲーム制作関係者の方々をも唸らせる上質なアミューズメント施設に昇華できる可能性を秘めているということです。


では、古町に向いたゲームセンターのスタイルとはどういったものなのか。
そこで思い付いた案として、現地に比較的多い年配層向けのレトロゲーセンカフェを作ったらどうかということです。レトロゲームならば現役タイトルより幾分か静かだと思うので奥ゆかしい古町の景観も壊さないで済むという思惑もあります。

さらに、レトロゲーセン「カフェ」ということで、ゲーム以外にも料理にも力を入れる。そうすればマニアなゲーム層以外にもグルメ路線の客層も取り込めるのでは無いかと考えております。そこからどんどん古町にも遊べる施設ができたらいいなぁ。

最終的には全国のレトロゲーファンの方々は勿論、様々な方から隠れた名所として愛されればいいんじゃないかと想っています。


そんなこんなで今回は妄想だけのオチ無しの記事となりました。でもSTG研究と第一志望の地域興しを融合する手がかりになったから良しとするか(笑)。
ただ当方、如何せん平成のゆとり世代なのでインベーダー時代のアーケードの雰囲気を物理的に触れることは不可能ですので、様々な資料から勉強できればいいと思っています。
少し関係ないけど、市役所とかは新潟をアニメ・漫画の街にしたければもっとボトムアップなまちづくりにするべきだと思うんだよなぁ…。


ご精読、ありがとうございました。

category: 雑記

コンビニのレジ袋に一言申す! 

最近、CMなどで「『袋いりますか?』と言われたら断ろう!」的な宣伝がよくされている。実際、自分もよくレジ袋を断っている。


ところが先日、コンビニで腹ごしらえのおにぎりを一つだけ買う時、店員は「レジ袋いりますか?」の質問もなくわざわざおにぎり一つだけのためにレジ袋に使おうとした。
なので私は咄嗟に「袋いりませんよ」と断った。

そのときに思った。
店員が訊いていないのに自分から「袋いりません」と答えるのは面倒じゃないか?
そもそもたかがおにぎり一つのためにレジ袋を使うのはどうなのか? と。


そこで一つアイディアが思い付いたのだが、品物の種類や個数でレジ袋がいるかいらないか自動で判断するシステムを導入するのはどうだろうか。

たとえば、おにぎりやペットボトルみたいに片手で持てる程度ならレジ袋は不要とディスプレイ表示する。
逆に、弁当や雑誌のように片手で持つには難しい製品はレジ袋が必要と表示する。
もし不要と判定されても必要ならば「袋お願いします」と客から申請する(レジにあるタッチスクリーンを押して申請できればもっと快適かも)。逆も然りである。

また、システム導入にあたって、どこまでレジ袋なしでいいのかコンビニの本社で研究すると良いだろう。
日本人は快適な店のレイアウトなどを研究することを昔からやってきてるので、そこまで奇抜な試みではないと思う。


もしこの「レジ袋自動判定システム」が普及すれば、より資源の無駄が減ると私は信じている。

category: 雑記

今月22日のTOEICに向けて 

本ブログ記念すべき初記事はTOEIC関連の雑記。


12日に無事帰国したてふめーりんです。13日には留学を無事終えたご褒美に箱○を購入し、帰国前にオーダーしたCAVEシューコレ完で遊び放題、さらに最新のスマホを買っていじり放題…と言いたいのですが、実は長旅の疲れを癒やす暇もなく22日にTOEICが待ち構えているのです。しかも会場は地元の新潟ではなく東京。これは拷問ですわw


というわけで早速対策本を買い、今日はリーディングパートを予習し、どのくらいの難易度か確認。
Part5の短文の穴埋め問題が一番難しいですね。アメリカでも使わなかったような言葉、文法が頻発。さらに対策方法も単語の暗記しか無いので厄介。文が短いので文脈が読みづらいのもまた手強い。覚えた単語が必ず出て来るわけじゃありませんしね…

一方で長文系の問題は案外簡単。長文読解は留学中に教科書などを沢山読んだので自信がありますので、攻略法を知らずとも実力によるゴリ押しが簡単です。対策方法は暗記でなく読むことへの「慣れ」なので、他の人にとっても練習したことが後々役に立っていくと思います。


リスニングはまだ聞いてないので何ともいえませぬ(-_- )


ちなみに当日テストが終わったらアキバで友達に会うなりオナホ買うなりします。エロスは18の道楽。

category: 雑記

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。